トップ / 歯科の詰め物による保険適応

歯科の詰め物による保険適応

歯科の詰め物の素材

詰め物

歯科で使用される詰め物の種類

歯科の虫歯を削った後の詰め物には、保険適応と適応外の素材があります。少し削って詰める場合には、コンポジットレジンというプラスチックを詰めて治療でき、白い素材のため見た目が綺麗に仕上がります。これは保険適応できる治療法ですが、詰める穴が大きい時は型どりが必要となり、この場合は保険適応外となる歯科もあります。保険適応が可能な型どりする詰め物には、パラジウム合金を使う場合が多く、強度がありますが金属アレルギーを起こす危険性があります。保険外ではセラミックが多く、本物のような仕上がりで変色もしにくく、またプラークが付きにくい利点があります。他にはゴールドやセラミックとレジンを混ぜたハイブリッドセラミックなどがあります。

詰め物が取れた時の対応

詰め物が取れた時はそれを出来る限りきれいに保存して歯科に行った方が良いです。きれいに保存していればそれをそのまま利用する事が出来る可能性があるからです。きれいに保存してあれば仮に利用が出来なくても治療をスムーズに行えます。取れてから治療に行くまでに時間がある時は取れた部分を清潔に保つ事が重要です。汚れや食べかす等をそのままにしておくと症状が悪化し、治療に多くの時間と費用がかかります。うがい等をこまめに行い清潔を維持すればすぐに歯科治療を終える事が出来ます。詰め物が取れた時は必要以上に触らず、清潔にしてから医療機関に行った方が良いです。

↑PAGE TOP