トップ / 子どもも定期的に歯科へ

子どもも定期的に歯科へ

子どものための歯科

詰め物

子供が歯科嫌いにならない方法

いまは予防歯科という言葉が世の中に浸透しつつあります。これは歯医者さんに痛くなったときに治療にいくのではなくて、定期的に通っていくことで、虫歯を少しでも予防していく、あるいは、歯周病を予防していくということです。そして定期的に通うためには歯科医嫌いにならないということが大切です。多くの方はつらい治療の経験から、歯医者さん嫌いになっていることがあるので、そうならないためには、子供のころから歯医者さんが怖いところではないということを、体験させていくことが必要です。そのためにも、子供のうちに定期的に歯医者さんにいく習慣をつけることが大事なのです。

子供のうちから歯医者にいく

歯科が嫌いと言う人は多いです。なぜ嫌いになったかというと、虫歯が痛くなって歯医者さんにいくと、麻酔をしたり削ったりと痛い治療をすることになったので、こんなひどい目にあうなんてもう歯医者は行きたくないとなってしまったのです。ただ、これでは同じことの繰り返しになるだけです。そうならないためにも子供のころから定期的に歯医者に行く習慣をしていれば痛い治療にはならないのです。虫歯を未然に防ぐこともできますし、虫歯がみつかったとしても早期の状態で見つかるので、痛い治療にはならないことが多いからです。ですから子供のうちからまめに、歯科に通うことが必要です。

↑PAGE TOP