トップ

歯科の行く際に考える事

歯科の予約から処置

詰め物

歯科治療の流れについて

歯科治療の流れとしては、予約制をとっているデンタルクリニックがとても多いため、予約を取ります。電話で簡単に、症状を聞かれることがあるので、答えておきます。当日は時間までにデンタルクリニックに行って、症状を歯科医に伝えて、適切な処置をしてもらいましょう。治療はその日に終わることもありますが、歯の詰め物を作ったりする場合は、数回通うこともあります。通うケースであれば、次回の予約を、帰りに取っておくことができます。予約制のデンタルクリニックだと、無駄な待ち時間もないため、時間的にも有効に使うことができるので便利です。

治療の流れを学んでみよう

歯医者さんにいくときは、多くの場合歯が痛いとか、調子が悪いということがしばらくしてから歯科にいくことになります。そこでの治療の流れは、医師にどのようなことが気になるのかを聞かれ、その後、レントゲンで歯の状態を確認してから、治療になっていきます。虫歯の程度によって、簡単な治療で終わることもあれば、麻酔をして削ったり、場合によっては神経をとるほどの治療になってしまうことがあります。痛みがひどくなればなるほど、虫歯が進行しる可能性があるので、そこまでならないうちに歯科にいくほうが痛い思いをせずに治療を終わらせることができます。

↑PAGE TOP